猫の目の構造や人間の目との違い・目から見る猫の気持ち

雑学
雑学

猫の目ってよくみると宝石のような、ガラス玉のような、透き通っていてとっても綺麗ですよね!
先日、夜電気を消して寝ようとしていると、猫がフーフー言いながら落ちてた猫砂で遊んでました。

暗闇でもちゃんと見えて、速く動くものも目で追いかけて、とても優れた視力を持つイメージがある猫ですが、猫の目はどんなしくみをしているのでしょうか?

人間の目との違いをみてみましょう!

猫の目のつくり

人間の目

まずは、人間がものを見ているしくみを見てみましょう。

まず目から入った光が角膜を通過します。
瞳孔で入ってきた光の量を調節し、水晶体でピントを合わせます。
その後、網膜で焦点を結び、脳に情報が伝達されものが見えます。

猫の目

次は猫がものを見ているしくみを見てみましょう。

猫がものを見ているしくみは、まず目から入った光が角膜を通過します。
瞳孔で入ってきた光の量を調節し、水晶体でピントを合わせます。
その後、網膜で焦点を結び『タペタム』で光を反射させ網膜に戻し、脳に情報が伝達されものが見えます。

一見、同じようなしくみに見えますが、大きな違いは『タペタム』があるかないかですね(それにしてもタペタムって名前かわいすぎませんか?)。

この「タペタム」には光を反射させ、網膜に戻す働きがあります。

この働きによって、より多くの光を取り込むことができるため、暗闇でもはっきりとものを見ることができます。

視力の違い

猫の視力

猫の視力は0.1~0.3と言われており、対象物はぼんやりと見える程度。
人間の視力よりも低いです。
しかし動体視力は人間の4倍と言われており、動くものにはピントを合わせる能力もあるため、小さくて速く動くものも目で捉えることができます。また、色については青・緑・黄色のみを判別していると言われています。
そして、上記のとおりタペタムという反射層があり暗闇でもものを見ることができるのは、猫は薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)という、本来は暗い時間に活動する動物だからともいわれています。

人間の視力

個人差が大きいですが大人の平均値は0.5と言われています。2.0という方も多いですよね。
また、人間は100万色以上の色を見分けられると考えられています。
猫に比べたら沢山の色を感じることができますが、タペタムがないため暗い場所ではものを見ることはできません。
暗闇に慣れて少し見えるようになったとしても読書はできませんよね。

猫の目と人間の目の違いのまとめ

・猫の視力自体は人間よりも低いが、動体視力は猫のほうが優れている。

・タペタムという反射層の働きによって、猫は暗い場所でもものが見える。

目的や生活の仕方の違いから、猫と人間の目では見え方が違うことが分かりました。

猫の目から見る気持ち

猫って獲物を狙う目をしたり、驚いた目をしたり、トロンとした目をしたり…。

色々な目をしてくれますが、その目からはいろいろな感情を読み取ることができます。

猫の目からその気持ちを探ってみましょう!

瞳孔が大きく開いている

猫じゃらしで遊んでいるときや虫を見つけた時など、興奮している目です。
飼い主さんに対して期待しているときも黒目が大きくなりますよ(*^^*)
遊んで~、おやつちょうだいよ~、なんて時は黒目を大きく丸く上目遣いでおねだり。
こやつ自分の可愛いポイントを分かっている!!……あぁ可愛い!!
って感じですぐ甘やかしてしまいます。

キャンディー
キャンディー
チョロ~!

瞳孔が細くなる

リラックスしている時や眩しい時ですね。
カーテンを開けた時など、眩しい~!って目に入る光の量を調整し瞳孔を細長くしています。
高いとこからなんだか悪い顔で見下されてる!?という時は
そのまんまの意味で見下ろしてリラックスタイムです( ´∀` 笑
猫は高い場所から縄張りを見渡すことが好きなんです(*^^*)

目を細める・ゆっくり瞬きする

ナデナデするときに目を細めてウットリしたり、目を細めて微笑んでいるような時はリラックスモードです。
沢山ナデナデしてあげましょう(*^▽^*)

瞬きは愛情表現です。
猫が瞬きしたら、飼い主さんも「ゆっくり瞬き」してあげましょう!
完全に両想い!!

気を付けたい目の病気

瞳孔がずっと大きい

猫は眩しければ光の量の調節のため、必ず瞳孔は小さくなります。
明らかにずっと瞳孔が大きいままの場合は病気の可能性があります。
これは片目だけの時もあれば両目の時もあります。

気付いたらすぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

考えられる病気
・進行性網膜委縮
・緑内障
・腎機能の悪化 など

瞳孔の大きさが左右で違う

基本的に猫の瞳孔の大きさは左右対称です。
猫の瞳孔が左右で大きさが違う時は病気の可能性がありますので、早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

考えられる病気
・ホルネル症候群
・進行性網膜委縮症
・外耳炎 など

 

宝石のような水晶のようなとてもきれいな猫の目ですが見た目だけでなく、暗闇で見えたりピントも素早く合わせられたり、機能性も高かったですね!

一回でいいからどんな風に見えてるのか直接見てみたいですよね( *´艸`)

なんかそういう機械とか発明されないかなぁ~♪